爽眠α 口コミ

みんなの睡眠コラム記事一覧

ぐっすり眠れるために心がけていること

私は現在30代半ばの女性ですが、中学生頃から眠りが浅く、悩んでいました。特に人が歩く音や風が強い時の音などは、すぐに目が覚めています。精神的な面でも、何か心配事があるとなかなか寝つけません。最近は、良く眠れるように色々と工夫をしています。まず、音が色々耳に入って眠れないの防ぐ為、耳栓を使うようになり...

≫続きを読む

不眠の原因と向き合う

私が不眠を意識したのは、ダイエットに集中していた時です。夜の食事量と内容をヘルシーなものにしていたため、夜空腹で寝付けず、またすぐに目が覚めてしまい、細切れにしか眠れない日々が続きました。当然体調は悪く、常に倦怠感があり、夏でも身体が冷え切っていました。ダイエットのモチベーションでなんとか生活できて...

≫続きを読む

お母さんは不眠不休

私が不眠に悩み始めたのは、はっきり覚えてはいませんが赤ちゃんができてからだと思います。妊娠中にお腹が重くて自由な体制で寝られなくなりました。最初はうつ伏せだけダメだったのが仰向けもお腹の重さで苦しくなるので寝られなくなり、最終的には横向きでしか寝られなくなりました。元々寝返りもすごくして寝相の悪いタ...

≫続きを読む

緊張による不安の解決法

普段はよく眠れる方なのですが、旅行前や大事な用事の前日の夜などは、気にしないようにしても無性に心臓がドキドキし、緊張して眠れなくなる事があります。子供の頃はこんな事は無かったのに、大人になってから責任感などが出てきたからでしょうか。眠れなくなるのは次の日の体調に響くだけではなく、車の運転にまで支障が...

≫続きを読む

寝起きのよさ

不眠の対策には、朝起きたときの目覚めの良いことが解消のポイントになるように思います。朝起きて、目覚めが悪いと、夜に寝付く際にも熟睡できません。過去の経験からいうと、熟睡するには、@規則正しい生活はもちろんのこと、A就寝直前の食事やカフェインの入ったコーヒーなどの飲料も控えたほうが良いです。Bまた軽い...

≫続きを読む

精神的に悩みがあると眠れなくなります

3ヶ月ほど前から、不眠で悩み始めました。家族のことで悩むようになり、今までは、昼寝をして、また夜も眠れるという、どこでもいつでも、何時間でも眠っていられるという性格でした。それなのに、悩みが発生すると、途端に眠れなくなりました。何とかして眠ろうと思い、昼寝はやめて、夜だけ眠れるようにしようとしたので...

≫続きを読む

いつでも眠れる思考方法

昔から寝付きの悪い子で眠るのに布団に入ってから二時間ぐらい掛かっておりました。今でも疲れていても一時間は掛かってしまいます。そうなると眠れないストレスで更に眠れなくなるという悪循環に陥ってしまいますよね。僕が今回ご紹介するのは、簡単なのですが効果のある方法をご紹介させて頂きます。ネットの聞きかじりで...

≫続きを読む

不眠に対する解決法と後遺症

不眠に関する対策方法はやはり、睡眠薬を医師と相談して適量に摂取することが一番良い解決法です。不眠は大体のケースが体の興奮によって眠れなくなるパターンから始まることが多いいです。まずは、医師と相談して、生活リズムを整えるため睡眠薬を投与することによって始まっていくと思います。しかし、医師の言われた通り...

≫続きを読む

私の睡眠障害の克服法

不眠に悩んでいたのは30才ごろです。睡眠薬を飲むようになりましたが、お酒も一緒に飲んでしまうと余計に体に負担がかかり睡眠障害になりました。安定剤も飲んでいました。体はとても疲れているのにあたまがさえ渡り動機がしたり過呼吸になったり被害妄想もすごかったです。睡眠薬も使い方によっては毒になることがあるの...

≫続きを読む

睡眠導入を見直し、極楽の睡眠を得た今はもう元に戻れない!

一人で生活しているなら誰にも遠慮なく工夫ができますが、私と主人が同じ部屋で寝ていることが原因で、完全に不眠の状態が続きました。私自身が長い期間「夫婦なのだから」という考えに縛られていたため、別室で寝ることは考えになくて「我慢する」選択でいたため、随分不眠解消までに遠回りしたと思います。最終的に私にと...

≫続きを読む